医療機関で治すことが第一

診察

正しい治療と処方を受ける

鬱病の兆候を感じながら、日々苦痛の中で社会生活を営んでいる方はたくさんいらっしゃいます。無理を通してしまうと症状が悪化するばかりなので、悩んでいる方はすぐに医療機関を受診し、診断を下してもらいましょう。心療内科や精神科を受診すれば、状況に即した確かな治療により効果的な改善が見込めます。鬱病は放っておいて治る病気ではないため、疑いのある方は受診し、まず診断を下してもらわなければなりません。また、苦しい日々を過ごしているなら、抗うつ剤の使用を検討することもあるでしょう。抗うつ剤は基本的に処方が必要な薬のため、医療機関で診察を受けて入手するのが一番安全です。抗うつ剤には複数の種類があり、副作用の出方も違ってきます。症状に合わせて適切な種類を選択する必要がありますし、用量も状況を見て決めなければなりません。自己判断での使用では改善が感じられないことも多く、用量を間違えれば離脱症状に苦しむこともあります。専門医に処方してもらえば、正しい種類を正しい用量で使用していくことができるので安心です。もし薬が合わなくても、受診を続ける中で自身に合うものをしっかりと定めることができます。抗うつ剤は、前述した心療内科や精神科で処方してもらうことができます。正しい改善のためにも是非受診しましょう。現在は心療内科も精神科もたくさん存在しているため、どの施設に頼れば良いのか迷いが生じることもあるでしょう。方々を受診し相性の良い施設を見つけることもできますが、手間をかけずに自身にとって最良のかかりつけ医を探すのが最善です。医療機関をある程度見極めた上で受診したい場合は、近くで開業している施設のホームページをいくつか確認してみると良いでしょう。現在は多くの施設がホームページを持っており、どのような治療方針で取り組んでいるのかを記載しています。鬱の治療には、薬の処方のほか認知行動療法などの心理療法、また磁気刺激療法などが用いられています。認知行動療法は、自身の状況を客観的に認識するために用いられる治療法で、磁気刺激療法は、脳に微弱な磁気刺激を与えて血流などの改善を図る治療です。ホームページには各クリニックで採用している治療法が記載されているので、内容をチェックして受診する施設を決めるのも良いでしょう。また、鬱診断においては、光トポグラフィーという専門機器を用いている医療機関もあります。光トポグラフィーは高い精度で脳の血流を測定できる機器であり、鬱や双極性障害などの診断の見極めに使用されています。医療機関を受診する際には、各所で用いられている治療法や診断法などをある程度知った上で選ぶと良いでしょう。

Copyright© 2018 鬱かなと思ったら診断を受けよう【大きく分けると2つの種類が存在】 All Rights Reserved.