精神科のクリニックを選ぶ

女性

薬の効き方に注意

病院で鬱病と診断されても、軽度のうちは必ずしも抗うつ剤が処方されるとは限りません。抗うつ剤は鬱の症状の改善に効果の期待できる薬ですが、使い方に難しいところがあるので、医師の処方を守って正しく使用する必要があります。薬を使わずに治療できれば副作用の心配もないので、精神的な不調を感じたら早めに精神科や心療内科で診断を受けることをお勧めします。抗うつ剤は1950年頃から開発の始まった比較的新しい薬で、脳内の神経伝達物質に影響を与えることが知られています。神経伝達物質にはノルアドレナリンやドーパミンやセロトニンなどがあり、これらの増減が人間の感情をコントロールしていると考えられます。抗うつ剤と神経伝達物質との関係は、まだ完全に解明されたわけではありませんが、さまざまな薬が鬱病の治療に用いられています。また時代が進むとともに、効果が高く副作用の小さい薬の開発が進められています。精神疾患の薬には抗うつ薬のほかに、抗精神病薬や抗不安薬や抗躁薬などがあります。これらの薬は症状に応じて、抗うつ薬と併用されることがありますが、素人判断で安易に用いることは推奨されません。必ず専門の医師の診断を受けて、適切な服用方法を守ってください。鬱病かどうかの診断方法は複数あって、専門医でも見解が一致しないことがあり、受診する側としては不安を覚えるかもしれません。鬱病の治療には医師との信頼関係が大切なので、わかりやすく説明してくれるかどうかは、クリニック選びの基準のひとつになります。わからないことがあれば、納得できるまで質問してみましょう。一般に抗うつ剤は即効性のある薬ではなく、効果が現れるまでに2〜3か月かかることがあります。その間はコロコロと薬を変えたりせず、一種類の薬を継続して用いるのが望ましいとされています。しかし効き目がなかなか実感できないと、診断が間違っているのではないかと感じるかもしれません。そのようなときは、主治医とよく話し合うことが大切です。別のクリニックで診断を受けるのもひとつの方法ですが、これまで受けた治療について詳しく伝えるようにしてください。そうすることで、より正確な診断ができるようになります。鬱病は再発しやすいという特徴があり、急に薬をやめると離脱症状という副作用が現れる場合もあります。根気よく治療する必要があるので、できるだけ通いやすいクリニックを選ぶことも大切です。必ずしも大病院でなくても、親身になってくれるクリニックを探すと良いでしょう。

Copyright© 2018 鬱かなと思ったら診断を受けよう【大きく分けると2つの種類が存在】 All Rights Reserved.