うつの時の対処法

女性

治療に必要な料金や原因

鬱のような症状が出たら、自己診断で終わらせずにまずかかりつけの病院や保健所に相談をしに行きましょう。そこで診断を受けた後、治療が必要な状態だと判断されれば適切な診療科を紹介してもらえます。ちなみに鬱病も他の病気同様保険が適用されるので、治療費は3割程度の負担ですむはずです。このため初回の診察に必要な金額は、2000円から4000円程度の金額で収まります。さらに初回以降の診察も、2000円から2500円くらいですむので金額的にはそう負担にはなりません。幸い今は自立支援医療制度があるので、それを利用して治療費をさらに安く抑えることもできます。自立支援医療制度は、申請すれば窓口での負担が1割まで減額してもらうことが可能です。また自立支援医療制度は、所得に応じて一カ月当たりの限度額が設けられている点も見逃せません。鬱病と診断されたら、なによりもまず先に手続きしておくようにしましょう。治療を開始して少し余裕が出てきたら、受診する病院を変えてみるのもいいかもしれません。同じ心療内科や精神科でも、病院ごとに治療内容が違うのでその分治療が早く進む可能性もあります。心療内科や精神科の口コミはサイト上にたくさんあるので、それを参考にしながら病院をみつけてみるのもおすすめです。通常の病気は原因と対処法がはっきりわかっている場合が多く、治療して完治するまでにそれほど時間はかかりません。ところが鬱病については、原因がわからいうえこれを使えば必ず治るという有効な薬も存在しない病気です。ゆえに診断を受けたからといって、すぐに治るわけではないことを覚えておきましょう。ただし発症のきっかけになる物はある程度特定できているので、そこを手がかりにしてカウンセリングや投薬をしていくことになります。たとえば鬱病のきっかけになる物として、環境的な要因や身体的な要因があることがわかっています。環境的や身体的の要因からくる鬱病と診断されたら、その原因となる健康状態や職場環境を改善しなくてはいけません。そこを改善しなくては、いくら投薬治療をしても堂々巡りになってしまって意味がないといえます。他にも鬱病になりやすい性格というのもあり、その場合は思考パターンを変えなくてはいつまでたっても問題が解決しません。こちらについても投薬治療と共に、カウンセリングで性格や考え方を修正していくことになるでしょう。鬱病の治療では、これらの要因に加えて神経伝達物質であるセロトニンやノルアドレナリンを投薬で調整しながら上手に病気とのバランスがとれるようにしていきます。病気の治療の際はそんな感じでさまざまな原因を探りながら治療を進めていくことになるので、あせらずじっくり治していくようにしましょう。

Copyright© 2018 鬱かなと思ったら診断を受けよう【大きく分けると2つの種類が存在】 All Rights Reserved.